パパ活は自己紹介の書き方が重要!すぐに使える例文と注意したいNGワードを紹介

パパ活アプリやサイトに登録したとき、重要になるのが自己紹介です。

自己紹介でその人のことがよくわからなかったり男性側から好感をもてなかったりすると、パパになるどころかデートすらできません。

では、自己紹介でどのようなことを書いたら男性に気になってもらえるのでしょうか。

本記事では男性に好かれる自己紹介の書き方と、注意したいワードをまとめました。

今から使える職業別での例文も紹介するので参考にしてみてください。

目次

パパに好かれる自己紹介の書き方

まずは、男性が女性に求めていることを知ることがとても大切です。

求めることはそれぞれ違っていますが、女性と過ごす時間を有意義なものにしたいと思っている人が多いでしょう。

素性のわからない相手と会うことは男性側も緊張するものです。

少しでも自分のことを知ってもらうと同時に、一緒にいると楽しい時間を過ごせるという書き方をすると目にとめてくれる確率があがります。

パパ活に不慣れ

パパ活に慣れていない女性の方が男性にとっては好印象です。

男性は女の子の初めてに弱い傾向にあり、自分だけを見てくれる人を望んでいます。

ほかのパパがいるような書き方やパパ活用語を使うと、パパ活慣れしているという印象を与えてしまうので注意しましょう。

パパになる人の多くは風俗やキャバクラといった、夜のお店で働いているようなプロの女性を求めていません。

純粋に一緒にいて楽しく、癒してくれる女性を探しているのです。

清楚で上品

ギャルやセクシーさを全面にアピールするよりも、清楚さや上品さを意識することが大切です。

経済的に余裕のある男性は年上が多いので、落ち着いた女性を求めています。

たくさんのお金をくれるパパ、いわゆる太パパを狙う女性の中にはたくさんお金を稼ぎたいために、体の関係ありと記載している人もいるでしょう。

しかし、パパ活に理解のある男性は自分を安売りするような軽々しい女性は望んでいません。

もちろん下心のある男性も一定数いますが、自己紹介のところにあえて肉体関係があっても良いと書くのはやめた方が無難です。

一生懸命さ

男性は女性が健気にがんばっている姿を見て、応援してあげたくなるものです。

「毎日退屈なのでパパ活始めました」なんてことを書いていては、お金稼ぎの手段でしか見ていないと思われてしまいます。

何かの夢があってそれに向かってがんばっている、社会人になって1年目だけれど毎日仕事にやりがいを感じて精進しているという女性の方が圧倒的に素敵です。

頼られたい男性の中には自分が何か手伝ってあげられたら、アドバイスしてあげられたらと思う人も多くいるので、手厚いサポートが受けられる可能性があります。

知性

気品や気配りができる女性なら一緒にいて心地良さを感じられます。

言葉遣いが汚かったりマナーに欠けていたりすると、定期的にデートしようという気持ちになりません。

そのため、極端な若者言葉を並べた文章はNGです。

また男性の中には仕事の話をする人もいるので、話題のニュースや時事ネタを知っておくと会話が盛り上がります。

学歴が良いことに越したことはありませんが、常識的なマナーや正しい言葉遣いには気をつけましょう。

自己紹介文で注意したいNGワード

ここからは自己紹介文に盛り込むとあまりよくない言葉をまとめました。

せっかく考えた自己紹介文でも、男性が不信感を抱くようなものが入っていると好感度が下がってしまうので注意してください。

病んでいるアピール

自分の中に闇を抱えているようなことを感じさせる言葉は、精神的に不安定な印象を与えてしまいます。

「生きていてもつまらないことばかり」「寂しすぎて辛い」など、一緒にいても楽しく過ごせなさそうと思われると会ってくれません。

メンヘラ、ヤンデレと呼ばれるような心を病んでいる人よりも、自分をしっかりもって自立している人の方が好印象なのです。

だらしない雰囲気

だらしなさがわかる文章は気品に欠けます。

文面からでもある程度の人柄はわかってしまうものです。

自己紹介文からタメ口で馴れ馴れしかったり、露骨な下ネタを記載したりしていると軽い女性に思われてしまいます。

かといって、堅すぎると近いよりがたい印象になるので、挨拶や敬語など最低限の文章マナーを心がけましょう。

突き放す言葉

男性を突き放すような言葉はドライな雰囲気になるので、避けた方が無難です。

「下ネタを言う人とは会いません」「すぐに通報します」など、とげとげしい対応は悪い印象を与えてしまいます。

悪いパパとマッチングしないために予防線をはりたい気持ちもわかりますが、突き放すような言葉が多いと、良いパパまで逃してしまうかもしれません。

自分の条件についてはメッセージでやり取りできるので、禁止事項やお断りの文章は入れない方がベターです。

職業別で使える例文を紹介

文章をつくるのが苦手、テンプレートがあったら使いたいという人に、すぐに使える職業別の例文を紹介していきます。

自分なりにアレンジして、最高の自己紹介文を作りましょう。

大学生

はじめまして。

プロフィールを見ていただき、ありがとうございます。

大学生の〇〇です。

将来は〇〇の職業に就きたいと考えていて、日々がんばって勉強しています。

また大学と両立しながら、〇〇でアルバイトをしています。

普段はカラオケに行ったりカフェで甘いものを食べたりするのが好きです。

優しくリードして頂ければ嬉しいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします。

主婦

はじめまして。

プロフィールを見ていただき、ありがとうございます。

結婚して〇〇年の(専業)主婦です。

夫とは長い間マンネリ化していて、ときめきを感じることもなくなりました。

お酒を飲むことが好きなので、一緒に飲みながら楽しい時間を過ごしたいと思っています。

既婚者のため、干渉しすぎず程よい距離感を保ってお会いできる方が希望です。

夫以外の男性との出会いに少しドキドキしていますが、どうぞよろしくお願いします。

OL(フリーター)

はじめまして。

プロフィールを見ていただき、ありがとうございます。

〇〇(職種)で働いている〇〇です。

最近、英語の勉強を始めて仕事が終わってから独学でがんばっています。

もともと海外にとても興味があったので、仕事をしながらお金を貯めて留学したいと考えています。

海外に行ったことのある方や世界についていろいろ知っている方と、たくさんお話できたら嬉しいです。

仕事のことを忘れて思いっきり楽しめたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

プロフィール写真の撮り方

自己紹介文と同じくらい重要視されるのが写真です。

素性のわからない女性と会うよりも、顔がわかる人の方が安心します。

マッチング率をあげるためにも、上手に写真を撮ることが大切です。

自然な笑顔

明るい笑顔ほど好印象を与えるものはありません。

笑顔の素敵な女性だと、一緒にいて楽しいだろうなと思ってもらえます。

友だちに撮ってもらった写真や、何かをしているときに見せる自然な笑顔の写真を選びましょう。

自撮りの場合はキメ顔すぎたり、作りすぎた笑顔になったりすると不自然になるので注意が必要です。

加工はほどほどに

より良く見せようと極度に加工した写真は、逆に不信感を抱いてしまいます。

写真と会ったときのギャップが大きすぎることで、騙された気持ちになるからです。

自分をきれいに見せるに越したことはないですが、別人級の加工はやめましょう。

少し明るくしたり、血色を良くしたりする程度にとどめておくのがおすすめです。

できれば複数枚

写真が複数枚設定できる場合、2〜3枚は設定しておきましょう。

アプリによって写真の設定はさまざまですが、いろいろな写真があると雰囲気がわかりやすくなるのです。

そのとき趣味のわかる写真だと、よりその人のことを知ることができます。

例えばペットとの写真なら動物好きなことがわかり、キャンプの写真ならアウトドア好きなことがわかるはずです。

写真から多くの情報が得られると、同じ趣味の人からメッセージが来たり会話が盛り上がったりする確率が上がります。

まとめ

パパ活アプリやサイトで素敵な出会いをするためには、自己紹介文の充実さがとても大切です。

好印象を与える自己紹介文だと、自然と男性が気にかけてくれます。

NGワードに注意しつつ、参考文章を活用しながら自分にとって1番いい自己紹介を完成させましょう。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる