パパ活のお金(お手当)のもらい方とタイミング!すぐに使える例文付き

パパ活のお手当のもらい方とタイミングは、もう把握できていますか?リッチな男性が多いから大丈夫だろうと油断していると、お手当をもらうタイミングを見失ってしまうかもしれません。

お茶をご馳走になっただけだった…なんて悲しい結末を迎えることのないよう、下記で適切なタイミングともらい方を確認していきましょう。お手当の話が切り出しにくい人のために、例文付きでお届けしていきます。

目次

お手当はどうやってもらえるの?安全性を高める予備知識

パパ活初心者にとって、やはり気になるのはお手当のもらい方。安全にお手当をもらうためにも、2つのポイントをおさえていきましょう。

詳細は会う前に決めておく

お金の話を自分から切り出すことに対して、ためらいを感じてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、お手当に関する取り決めをせずに、あやふやなまま当日を迎えるのはNG。

サイトかメッセンジャーアプリを使った事前のやり取りで、お手当に関する話し合いをしておきましょう。金額だけに集中してしまいがちですが、この時点でお手当をもらうタイミングについて意見を出し合っておくと良いかもしれませんね。

現金手渡しが基本

パパ活のお手当は、現金を手渡ししてもらうのが一般的です。「経費にしたいから」「現金を持ち歩いていないから」という理由で銀行振込を指定してくるパパもいますが、基本的にはお断りしましょう。

銀行口座は名義から本名がバレるだけではなく、支店から利用頻度の高い駅が特定されるケースもあります。また、ネットバンキングの振込予約は前日までキャンセルができる点も、大きな落とし穴。

確実にお手当をもらうためにも、「現金・手渡し」を念頭に置きましょう。

お手当てをもらうタイミングはいつ?トラブルになりにくいパターン3選

お手当はどのタイミングでもらえばよいのか、気になりますよね。後のトラブルを避けるためにも、おすすめパターンを3つみていきましょう。

基本的に先払いでお願いしよう

パパ活のお手当は、先払いをしてもらうのが基本です。軽い挨拶や談笑をしたあと、一度相手から切り出されるのを待ちましょう。なかなかお手当の話にならない場合は、こちらから切り出す必要があります。

たとえ相手がピシッとしたスーツや清潔感のある装いをしていても、先入観で安心してはいけません。その場の雰囲気に流されず、信頼関係が築けるまでは先払いでのパパ活を徹底しましょう。

信頼できるなら終わり際にもらおう

パパたちは、女性との純粋で楽しいデートをのぞんでいます。だからこそ、生々しい金銭のやり取りから始まるデートを嫌うケースも…。そのため、信頼関係が築けたあとは、デートの終わり際にお手当をもらうのもアリです。

こういったパパ側の満足感を積み重ねることで、太パパになってくれる可能性も十分出てきますよ。

月額契約は先払いでお願いしよう

額が大きいだけに、月額契約は先払いをお願いしましょう。どんなに気心が知れた太パパでも、支払われずに音信不通になるケースは少なくありません。「来月まとめて払うから」「来月上乗せするから」というセリフが出てきたら、要注意です。

時間を無駄にしないためにも、金額が大きい契約はより慎重になりましょう。

お手当てをもらうときの切り出し方!すぐに使える例文3つ

先出しをお願いしたのに、お手当の話にならない…。そんなときは以下の切り出し方を参考に、ピンチを乗り越えましょう。

ストレートに言おう

ダラダラとお手当の話をしたくない場合は、ストレートに伝えましょう。事前に先払いという約束を取り付けておけば、パパ側も心よく了承してくれるはずです。

【例1】

「すみません、お手当をいただいてもいいですか?」

【例2】

「ごめんなさい、お手当だけ先にいいですか?」

大切なのは、低姿勢な態度で切り出すこと。特別なお手当であることをしっかりと認識して、パパが気持ちよくお手当を渡せるやり取りをしましょう。

不慣れなことを理由にしよう

パパたちは、初々しい女性に対して弱い傾向にあります。だからこそ、不慣れなことを理由にするのも1つの手です。

【例1】

「パパ活が初めてで不安なので、先にお手当をいただいてもよろしいですか?」

【例2】

「あの、こういうの不慣れで…先にお手当てをいただいても大丈夫でしょうか」

独占欲が強いパパは意外と多く、まだ誰にも染められていないパパ活初心者の女性は人気が高いです。少し恥じらったり言いにくそうにしたりして、可愛く切り出しましょう。

恐怖体験を理由にしよう

恐怖体験を理由にする方法もおすすめです。同情を誘うことで、こちらの気持ちに寄り添ってくれる可能性が高くなります。

【例1】

「以前お手当をもらえなかったことがあったので、交通費だけでも先にいただいていいですか?」

【例2】

「友達がお手当をもらえずに騙されたことがあって…先にお手当をいただくことってできますか?」

不安な気持ちを伝えたにも関わらず、「信用できないの?」「僕は大丈夫だよ」とはぐらかしてくる場合は、危険信号!詐欺のリスクを回避するためにも、「それならごめんなさい」とすぐに解散して見限った方がよいかもしれませんね。

お手当のために意識したい3項目!パパの機嫌はあなた次第

パパが気分を害せば、お手当がもらえなくなる確率は高まります。次は、より確実にお手当をもらうために、当日意識しておきたい3項目をみていきましょう。

プロフィール写真の加工は控える

お手当がもらえない理由として、よくあがるのがこちらです。プロフィール写真と実物が大きく異なることに対して、パパ側の不満は爆発。「騙された」「損した気分」なんて、残念な意見が飛び交っています。

そのため、目を大きくしたり、顔を小さくしたりといった加工はなるべく控えましょう。自分では可愛く盛れたくらいに思っていても、他人から見れば別人級の仕上がりになっていることも。

なるべくナチュラルな写真を用意して、実物との相違点を減らしていきましょう。

男性を楽しませる

ただ一緒にいるだけで高額なお手当がもらえる…そんなうまい話はどこにもありません。パパ活は通常のデートとは違い、パパを楽しませることが最重要となります。そのため、パパファーストで接することが大切です。

相槌をたくさん打ったり笑顔をたくさん届けたりして、「またこの子とデートがしたいな」と思ってもらえる時間を作りましょう。

奥ゆかしい態度で接する

女性からすれば、パパ活でのゴールはお金がもらえたり、タダで美味しいものを食べられたりすることかもしれません。しかし、パパ側は自分から金額を指定したり、高級ラウンジや高級レストランを指定したりするガツガツした女性を敬遠しがちです。

だからこそ大切なのは、支えてあげたくなるような儚さや奥ゆかしさ。パパたちの心をくすぐるためにも、謙虚な姿勢を崩さないようにしましょう。

まとめ:お手当は事前交渉をして安全にもらおう

パパ活をする上で、ありがたいお手当が悩みの種になってしまうケースはいくつもあります。「お手当がもらえなかった」「自分から言い出せなかった」という体験談は、特に多いです。

そういったリスクを回避するためにも、事前にお手当のタイミングについて交渉をしておくことが大切。今回紹介した方法を参考にしながら、お手当はしっかりもらいましょう。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる