パパ活で相手が別れてくれない場合はどうすべき?別れ方と注意点を解明

パパと関係を切りたいのに、なかなか別れてくれない…。パパ活をしている女性にありがちなこの悩みは、意外と根が深いです。一体どのように切り出せば、後腐れなくパパを納得させられるのでしょうか。

別れ方と別れを切り出す際の注意点を学んで、パパとの関係を綺麗サッパリ終わらせましょう!

目次

別れてくれないときの別れ方!パパとの関係はこうして絶つ

なかなか別れてくれない厄介なパパとの関係は、どのように終わらせれば良いのでしょうか。ここでは、パパとの関係を終わらせるための6つの方法を伝授していきます。

家族にバレたことを理由にする

リッチなパパはそれなりの地位を確立しているケースが多く、トラブルに発展することを嫌います。女性に入れ込んでいざこざを起こしたなんて周囲に知れ渡れば、会社や取引先の人に示しがつきません。だからこそ、家族にバレたことを理由にするのは非常に効果的です。

「家族にバレて怒られた」「家族から大反対された」と告げれば、トラブルに発展することを恐れてあなたから身を引くはず。「パパには迷惑をかけたくないから…」としおらしく言って、今の関係を円満に終わらせましょう。

連絡手段を絶つ

「個人情報を握られていない」且つ「2~3回程度しか会っていない」場合は、連絡手段を断つのもよいでしょう。関係が浅ければ浅いほど、パパがあなたに執着する確率は低くなります。

メッセンジャーアプリやメールは全てブロックし、アプリ経由で知り合ったのならそこも退会しましょう。会いたくても連絡を取りたくても、その手段がなければパパは何も出来ません。

涙を武器にする

涙を武器にして関係を終わらせるのも、1つの方法です。男性は女性の涙にめっぽう弱いので、涙ながらに伝えればあなたの気持ちに寄り添ってくれるかもしれません。「夢のために頑張りたいの」「こんな自分が嫌だから自立したいの」といったもっともらしいセリフと涙を用意して、パパにわかってもらいましょう。

自然消滅を狙う

なかなか予定が合わずに会う回数が減っていけば、時間の経過と共にあなたへの関心が薄まっていくはずです。デートに誘われても以下の断り文句でどんどん先延ばしにして、自然消滅を狙いましょう。

  • その日は難しそうです…また予定が分かったら連絡します。
  • 今月は仕事が忙しくて会えないかもしれません。

引越しや転勤を理由にする

遠くに引っ越すことや転勤、留学などを理由にして、パパとの関係を絶つのもおすすめです。どんなにあなたを想っていても、気軽に会えない距離では諦めるしかありません。自宅を特定されている場合は、本当に引越してしまうのも1つの手です。

痛い出費かもしれませんが、身の安全には変えられませんよ。

警察に相談する

別れを切り出したことによって脅迫まがいのことをされているのなら、あなたにできる範囲を超えています。まずは、脅迫を受けていることの証拠になりそうなやり取りを、しっかりとスクショで保存しましょう。その証拠を提示しながら、脅迫罪や強要罪などで被害届が出せないか警察に相談するべきです。

社会的地位のある男性であれば、警察をチラつかせるだけで逃げていくことがあります。重大な事件に巻き込まれる前に、できるだけ早く行動を起こしましょう。どうしても警察沙汰にしたくないのであれば、弁護士にパパとの交渉を依頼するのも1つの手ですよ。

別れを切り出す際の注意点!円満に関係を解消するためには

パパとの別れは、できることなら円満な形で終わらせたいですよね。次は、平和的に関係を解消するための8つのコツを紹介していきます。

傷付けるような言い方はしない

早く関係を終わらせたいからといって、傷つけるような言葉で冷たく突き放すのはやめましょう。「金払いが悪いから」「クサイから」「しつこいから」なんて理由で別れたくても、正直に言う必要はありません。

円満に終わらせたいのなら、パパをとにかく怒らせないこと!怒らせたが最後、パパが思わぬ行動を起こしてトラブルに発展する可能性がありますよ。

明確な理由を用意しよう

「何となく関係を終わらせたい」「面倒くさくなった」という理由で、パパ活をやめたくなる人もいるのではないでしょうか。しかし、曖昧な理由や説得力に欠ける理由では、パパが納得してくれないかもしれません。

嘘でも良いので、「友人にパパ活がバレて噂になっている」といったもっともらしい理由を作り、パパを納得させましょう。

お世話になった人には直接告げる

たくさんお世話になったのに、お別れをメッセンジャーアプリやメールで済ませるのはマナー違反。支えていた女性から簡単な文章だけでサヨナラを告げられれば、パパが怒るのも無理ありません。今までの感謝と別れは直接伝えて、円満な終わり方を目指しましょう。

直接言うなら人目がある場所で

直接感謝を伝えることは大切ですが、別れを告げる際は念のため人目がある場所を選びましょう。人目があれば自制心が働き、パパもヘタな行動ができなくなります。そのため、カラオケやホテル、車などの密室空間で別れを切り出すのはNGです。

安全を第一に考えるためにも、人目のあるカフェやレストランを選択すると良いかもしれませんね。

お金を返す必要はない

別れを告げた際に、「今まであげたお金を返せ」「プレゼントしたものを返せ」と言われることがあるかもしれません。しかし、デートや食事の対価として受け取ったお金やプレゼントは、基本的に返済義務がありません。

返済しないことでパパの行為がエスカレートする場合は、警察や弁護士に相談しましょう。

恋は別れの理由にしない

「彼氏ができた」「好きな人ができた」という理由を告げて、パパとの関係を終わらせるのはやめましょう。たとえあなたとパパとの間に恋愛感情がなくても、パパは確実に面白くありません。

それを皮切りに態度が豹変し、別れを渋りだすケースも珍しくありません。支えていた女性が他の男に奪われることは、それだけパパのプライドを傷付ける可能性があるのです。たとえ恋が理由だとしてもその真実はひた隠しにして、他の理由で別れを告げましょう。

個人情報は教えない

関係を精算する際に、個人情報を教えるのはやめましょう。たとえば、「最後に大きなお金を振り込むよ」とパパから言われても、銀行口座を教えてはいけません。銀行口座は名義で本名がバレるだけではなく、最寄駅がバレて待ち伏せされる危険性もあります。

パパ活は最初から最後まで一貫して、個人情報を教えてはいけません。甘い言葉に惑わされず、後腐れなくそのパパとの関係を終わらせましょう。

送ってもらわない

別れを承諾してくれたからといって、デート帰りに自宅まで送ってもらうのはNGです。会うのが最後だからこそ、パパがどのような行動にでるか分かりません。自宅を特定されるのは、是が非でも避けたいポイント。

「最後だから」「最後くらい送らせてよ」と言われても、トラブル防止のため凛とした態度で断りましょう。

パパと綺麗に別れるには言い回しが大事

なかなか別れてくれないパパに対して、うんざりした気持ちや恐怖心が芽生えてしまいますよね。時には、自分の感情をストレートにぶつけたくなることがあるかもしれません。しかし、トラブルを避けるためにも、上手な言い回しでお別れを伝えることが大切です。

パパが思わず納得するような理由を用意して、2人の関係を解消しましょう。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる