パパ活の注意点を徹底解説!安全に立ち回るためのリスク回避術

初めてのパパ活は手探り状態なため、不安が付き物ですよね。実際にどんなことをするの?

本当に食事だけでお小遣いをもらたりするの?

結構不安だと思います。

そのモヤモヤを晴らすためにも、今回はパパ活の注意点にスポットを当てていきます。

優良なパパ活サイトやアプリも紹介するので、順を追ってパパ活への知識を深めていきましょう。

目次

初めてのパパ探し!パパ活で怖い思いをしないための注意点

安全にパパ活を行うためには、スタートが肝心です。まずは、初心者がつまずきやすいパパ探しの注意点から確認していきましょう。

パパ活専門アプリで良パパを探そう

手っ取り早くパパ探しをするために、パパ活初心者はつい身近なSNSを思い浮かべがち。しかし、無料で簡単に登録ができて身分証明書の提示が必要ないSNSでのパパ活は、リスクが高いです。

そもそもパパ活を理解していない男性が多く、「会ってもお手当がもらえなかった」という声も…。

そのため、パパ探しをする際は、パパ活専用アプリを利用しましょう。パパ活専用アプリは、「生活に余裕のある男性」と「目標のために頑張る魅力的な女性」を繋いでくれるマッチングサービスです。

女性は基本的に無料ですが、男性は決して安価ではない会員費が発生します。

パパ活専用アプリなのでパパ活に理解のある男性が多く、顔合わせやお手当を決めるまでの道のりがスムーズ。男性会員は自分のプロフィールやパパ活の条件などを記載しているケースが多いため、選定しやすいのも大きなメリットですよ。

プロフ写真の加工は控えめにしよう

プロフィール写真と実際に会ったときの容姿が大きく異なっていると、トラブルになりやすいです。

近年のアプリは技術が進化していて、可愛く撮影できるどころか別人級に加工ができます。

女性を気持ちよく支援したいと考えるパパ側からするとこのギャップは印象が悪いため、加工は控えめにしましょう。

「全然写真と違うし、顔合わせだけでお金取られた・・・」というのが一番多いんです。

単に写真と本人が同じような容姿かどうか?を確認するために5000円払う男性はすくないということです。

お手当の内容は会う前に話し合っておこう!

お金の話は、自分から持ち出しにくいですよね。しかし、お手当の内容をあやふやにしてしまうと、貰えなかったり少額になったりといったトラブルに発展してしまいます。

パパからお手当ての話を持ちかけてくれる場合もありますが、必ずしもそうとは限りません。

顔合わせをする前にお手当ての内容に相違がないか、しっかり話し合いましょう。

顔合わせはカフェで30分程度で済ませよう

少し驚くかもしれませんが、顔合わせでかかった食事の費用を、男性が払わずに逃げるというケースも少なくありません。顔合わせ先が高級レストランの場合、その場に取り残された女性が数万円規模の支払いをするはめに…。

こういったリスクを避けるためにも、顔合わせは被害が最小限で済むカフェや喫茶店を選ぶとよいでしょう。

顔合わせでの注意点は4つ!パパ活のリスクを上手に回避

理想のパパが見つかったら、いよいよ顔合わせです。しかし、ここでも注意しておきたいポイントがいくつかあります。より安心・安全にパパ活を行うためにも、顔合わせ時の注意点をおさえておきましょう。

お手当は現金&手渡しが基本

パパ活のお手当は、現金を手渡ししてもらうのが基本です。銀行振込みは、名義で本名が知られてしまうためおすすめできません。

また、ネットバンキングの振込予約は前日までキャンセルができるため、振込予約画面を提示してくれても信用しないようにしましょう。

怪しいと思ったら封筒の中身を確認してください。

「自分の財布にうつしていいですか?」と聞けば自然に中身を確認できますよ!

密室空間は避ける

密室空間は人目がないことや自然と距離が近づくこともあり、過度なスキンシップへと発展しやすいです。

紳士的に見えても女性とのあわよくばを考えているパパは多いので、密室空間での顔合わせは避けるのがベター。とくに車やカラオケ、自宅でのトラブルが多くあがっているため、誘われても応じないようにしましょう。

個人情報は教えない

パパ活を行うにあたって、パパ側に個人情報を教える必要はありません。むしろ安全にパパ活を行いたいのであれば、住所や職場が特定できるような会話のネタは避けるべきです。これらに気を付ければ、ストーカー防止にも役立つため徹底しましょう。

貴重品は肌身離さず持ち歩く

席を外した際に、お金を抜き取られるトラブルもあります。パパとの関係は徐々に築き上げていく必要があるので、最初から信頼を寄せるのはNGです。お財布やスマホといった貴重品は肌身離さず持ち歩き、万が一の際に備えましょう。

こんなパパは危険信号!危ない人の特徴5選

紳士的で羽振りの良いパパもいれば、トラブルを呼び寄せる危険なパパもいます。次はそんな危険人物の特徴を把握して、パパ活に弾みをつけましょう。

プロフィール写真がカッコいい

プロフィール写真がカッコいいパパも、念のため警戒しておきましょう。カッコよくてお金もある男性は、いわば引く手あまたな状態。女性との出会いをわざわざ探すとは考えにくいです。

ネットで拾ったイケメン男性の写真を無断で使用している可能性があるため、違和感を抱いたらグーグルで画像検索をしましょう。その他、お札の束や高級車などの拾い画像にも注意が必要です。

驚くような好条件を提示

SNSには、「10万円もらった」「パパが20万円支援してくれた」といった華やかな書き込みが見受けられます。しかし、顔合わせの相場は5千円から1万円といわれていて、むしろ初回は交通費+食事代のみのパパも多いです。そのため、最初から驚くような好条件を提示してくる男性には警戒しましょう。

高圧的な態度

なかにはお金を払う側だからという理由で、女性に高圧的な態度を取ったり奉仕を求めてきたりするパパもいます。いくら好条件でも無茶な要求をしてくる面倒くさいパパになる可能性が高いため、早めにフェードアウトしましょう。

儲け話を持ち出す

女性を支援するという目的から逸れて、儲け話を持ち出すのは危険なパパの特徴です。情報商材や投資話などが多く、典型的な詐欺師の可能性も。男性が儲け話をチラつかせてきたら、関わらないのが得策です。

すぐに連絡先を交換したがる人は避ける

早期に関係を進展させたがるのは、大人の関係を目論むパパにありがちな行動パターンです。目的はカラダのみなので、女性を支援したいという気持ちは基本的にはありません。不安に思う女性たちの心を無視し、自分の欲を満たすためにガツガツしてきます。

顔合わせをするまではパパ活アプリ内でのやり取りが安全なので、気軽に連絡先を交換するのは控えましょう。

パパ活でおすすめなサイト・アプリ3選

理想のパパ探しは、優良な会員が集まりやすいサイトやアプリを使うのが近道です。安全性を踏まえて、パパ活におすすめなサイトを3つに厳選して紹介します。

SugarDaddy(シュガーダディ)

2015年にサービスを開始し、多くの人に支持されている老舗パパ活サイトです。暴言や詐欺といった悪質な行為を、運営に報告できる通報システムがあります。通報回数が20回に達すると強制退会になるため、リスクの軽減に役立つでしょう。

さらに男性の職業は会社経営、オーナー、会社役員の順で多い(※)ため、生活に余裕のあるパパが多く在籍しているのもシュガーダディーの強みです。

※2022年5月現在

Love&(ラブアン)

2019年にサービスを開始した、比較的新しいパパ活サイトです。業界初のオンライン顔合わせ機能を確立し、多くの人から注目を集めています。マッチング後のトラブルを回避するために、過度な加工を施した動画は承認しない徹底ぶり。

年収600万円以上の男性が選ぶイメージ調査で3冠を達成した、勢いのあるパパ活サイトです。

Paters(ペイターズ)

会員数170万人を突破し、テレビや雑誌などのメディアで数多く取り上げられている人気のパパ活サイトです。目的別マッチング機能があり、理想の関係を築きやすいのが大きなポイント。一人での参加が条件となる会員限定のシークレットパーティーが不定期で開催されていて、さまざまな出会いが期待できます。

パパ活中に違和感を抱いたらその直感を信じよう

パパ活で注意すべきポイントは、たくさんあります。今回紹介した注意点以外にも、落とし穴が潜んでいるかもしれません。メッセージのやり取りや顔合わせの最中に少しでも「おかしい」と感じたら、自分の直感を信じましょう。身の安全を第一に考えて、素敵なパパ活ライフを満喫してくださいね。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる